葬儀の流れとスタイル

死別直後で心癒される間もなく、なれない事柄を決定していく作業は、たいへんな負担になります。宮津葬祭センターで執り行う、一般的な葬儀の流れとスタイルをご紹介いたします。

セレモニーホール 葬儀の流れ

  • 1.ご臨終

    当社への連絡、死亡診断書の受取、近親者への連絡、病院出発、通夜葬儀の打合せ、寺院への連絡、枕飾りの準備、枕経、市役所への火葬手続き、関係者への連絡
  • 2.お通夜

    祭壇・式場の準備、供花・お供え品の手配、納棺、ご自宅出棺、通夜開式前準備、通夜開式、通夜閉式、親族代表挨拶、通夜ぶるまい、近親者にて夜伽(よとぎ)
  • 3.お葬儀・告別式

    斎場清掃・葬儀準備、葬儀開式、弔辞・弔電拝読、遺族親族焼香、葬儀閉式、親族代表挨拶、故人との最後のお別れ
  • 4.ご出棺・火葬

    ご出棺、火葬、精進おとし(仕上膳)、近親者により収骨、お供品ご自宅運搬設置
  • 5.四十九日忌法要迄

    葬儀でお世話になった方々へお礼挨拶、寺院と法要納骨の打合せ、位牌・仏壇・仏具の準備と手配、墓地・墓石の準備と手配、忌明け挨拶状・粗供養品の手配

葬儀の流れプリント用pdf

葬儀のスタイル

一般葬

ご親族だけでなく、ご近所の方、故人の友人知人などお付き合いのあった方々に訃報をお流しして、セレモニーホールにご参列いただく葬儀スタイルです。

家族葬

ご親族を中心に、特に親しかった方々をお招きして執り行ないます。気心知れた方々のみで行なう少数でのご葬儀ですので、落ち着いた中でお別れができます。

自宅葬

長年住み慣れたご自宅で最期の瞬間(とき)を過ごしたい‥‥。故人の希望やご遺族の想いを大切にし、今では少なくなったご自宅での葬儀も執り行ないます。